韓国の新型コロナ新規感染者42人=宗教施設での感染拡大止まらず

韓国の新型コロナ新規感染者42人=宗教施設での感染拡大止まらず

韓国の新型コロナ新規感染者42人=宗教施設での感染拡大止まらず(提供:news1)

韓国の新型コロナウイルス感染症の新規感染者が42人確認された。首都圏はキョンギド(京畿道)の教会などを中心に感染者が確認され、首都圏以外の地域でも新規感染者が確認された。

去る16日以降、2週間の1日平均新規感染者は45.4人と集計され、依然として生活防疫転換基準50人に迫っている状況だ。去る26日の42.9人以降、3日連続増加した。

29日、疾病管理本部中央防疫対策本部によると同日0時基準1日の新規感染者は42人を記録した。全体累積感染者は1万2757人で、隔離解除者は65人増加した1万1429人だ。

新規感染者42人中30人は市中感染で、海外流入事例は12人だった。

現在の新型コロナウイルス流行状況は、首都圏の宗教施設の感染拡大の勢いが止まらない。京畿道・スウォン(水原)とソンナム(城南)、クァンジュ(光州)などでも感染者が確認された。ソウルも教会や保育園などで感染者が確認され、疫学調査中だ。

なお、死亡者は前日と同一の282人。

関連記事(外部サイト)