“対北ビラ散布”脱北者団体代表を警察が召喚…「資金源、徹底して捜査」=韓国

“対北ビラ散布”脱北者団体代表を警察が召喚…「資金源、徹底して捜査」=韓国

対北ビラ散布の容疑で捜査を受けている脱北者団体 “自由北韓運動連合”の パク・サンハク代表(提供:news1)

韓国では、対北ビラ散布の容疑で捜査を受けている脱北者団体の代表たちが警察に召喚され、調査を受けている。

今日(30日)警察によると、ソウル地方警察庁 対北ビラ・物資散布タスクフォースはこの日の午前9時20分から、パク・サンハク“自由北韓運動連合”代表とパク・ジョンオ“クンセム”代表などの被疑者2人を召喚し、調査中である。

兄弟であるこの2人は、それぞれ違う場所で調査を受けていることがわかった。

警察関係者は「今回の被疑者の召喚・調査を通じて対北ビラ散布の経緯と資金源、その使用先について徹底して捜査する方針だ」と語った。

去る26日、警察はパク・サンハク、パク・ジョンオ代表たちの身体および車両、“自由北韓運動連合”と“クンセム”の事務所に対する家宅捜索をした。

また彼らが対北ビラを送ったキョンギド(京畿道)のキンポ(金浦)市・パジュ(坡州)市・ヨンチョン(漣川)郡とインチョン(仁川)市など、南北境界線地域の住民たちを対象に現場参考人調査を進めている。

関連記事(外部サイト)