尹美香議員、初質疑の所感「ひたすら国民だけ見る」

尹美香議員、初質疑の所感「ひたすら国民だけ見る」

尹美香議員、初質疑の所感「ひたすら国民だけ見る」(提供:news1)

ユン・ミヒャン(尹美香)共に民主党議員は30日、「国民の望みを背負って、ひたすら国民だけを見て、新型コロナの時局を乗り越えていく」と述べた。

尹美香議員は、前日の常任委員会に出席直後、Facebookを通じて「21代前半期の環境労働委員である私は、震える気持ちで初めての質問をした」と所感を明らかにして、このように述べた。

続けて「環境部長官に『使用後の使い捨てマスク処理の問題』、『アフリカ豚熱の南北共同防疫対策』を、雇用部長官に『放送作家、PDなどの特殊雇用労働者の緊急雇用安定支援金支援方案』、『ILO必須協約批准』について質疑した」とした。

また「今後、新型コロナウイルスで困難に直面している企業に対する支援と非正規職・特殊雇用労働者など、社会的弱者らの雇用問題である『パワハラ』や『人権問題』に至るまで、労働市場で発生する問題を深く考えて、解決する方案を用意する」と強調した。

関連記事(外部サイト)