ソウル・鍾路区、「少女像」周辺でのすべての集会を全面禁止=新型コロナ拡大予防

ソウル・鍾路区、「少女像」周辺でのすべての集会を全面禁止=新型コロナ拡大予防

ソウル・鍾路区、「少女像」周辺でのすべての集会を全面禁止=新型コロナ拡大予防(提供:news1)

毎週水曜日、旧在韓日本大使館前「平和の少女像」周辺で開かれる旧日本軍の元慰安婦を支援する韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」の水曜集会と、保守陣営の反対集会が新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、全面禁止される。

ソウル・チョンノグ(鍾路区)は同日午前0時から、感染症の危機警報の「深刻」段階が解除される鍾路区の日本大使館一帯での集会・デモなど集合行為を禁止したと3日、明らかにした。

集会禁止場所は「少女像」一帯を含め、栗谷路2ギル、栗谷路の一部および鍾路1ギル、鍾路5ギル、三峰路の各道路と周辺の歩道だ。

今回の措置を違反した場合、感染症予防法に基づき、300万ウォン(約27万円)以下の罰金を科すことができる。

関連記事(外部サイト)