米朝対話に「“枠組み”を変えよう」という北朝鮮…「敵対視政策の撤回がまず先」

米朝対話に「“枠組み”を変えよう」という北朝鮮…「敵対視政策の撤回がまず先」

北朝鮮の金与正 朝鮮労働党第1副部長は、米朝対話の先決条件として“対北敵対視政策の撤回”を要求した(提供:news1)

北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長は、年内の米朝首脳会談開催の可能性を一蹴し、対話の先決条件として“対北敵対視政策の撤回”を要求した。

また、対北制裁解除はこれ以上協議のテーマにはならない点を強調し、大統領選を控えたドナルド・トランプ米国大統領に対し、米朝対話のハードルを高くしたものとみられる。

キム第1副部長は今日(10日)の談話で、米朝協議に関して「私は“非核化措置”対“制裁解除”という今までの期間の朝米(米朝)協議の基本的テーマが、これからは“敵対視撤回”対“朝米協議の再開”という枠組みに直されなければならないと考える」と伝えた。

キム第1副部長は、既存の“非核化措置”対“制裁解除”という対話の枠組みがこれ以上有効ではないという点を繰り返し強調した。

キム第1副部長は、対北制裁解除にしがみつかないという点を強調し「制裁が加えられたからといって我々が生きていけないわけでもない」として、制裁の中でも経済難を克服できるという自信をみせた。

またキム第1副部長は、“対北制裁解除”のかわりに“敵対視撤回”対“朝米協議の再開”という新たな枠組みを提示した。米国が対北敵対視政策をまず先に撤回すれば、米朝協議のテーブルにつくということである。

北朝鮮が要求する米国による“敵対視政策”撤回とは、米韓合同軍事演習の中断や平和協定、在韓米軍問題など、様々な内容が包括されているものとみられる。

関連記事(外部サイト)