韓・UAE外相会談…コロナ以降、最初の大臣級“対面”

韓・UAE外相会談…コロナ以降、最初の大臣級“対面”

韓国の康京和外相は10日、UAEのアブドラ外相と“対面”会談した(提供:news1)

韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は10日、UAEのアブドラ外相と会い、韓・UAEの“特別戦略パートナー関係発展方案”について議論した。新型コロナウイルス感染症拡散以降、カン外相が他国の外相と対面会談をするのは今回が初めてである。

カン外相はこの日の午後4時から外相公館で、アブドラ外相と会談をもった。アブドラ外相は、両国修交40周年を記念して、ムハンマド皇太子からムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領への親書を伝達した。

アブドラ外相は、韓国の新型コロナへの対応を高く評価し、韓国の対応がUAEの対応のモデルであるとし、特に教育分野に関してオンライン授業、登校、学校防疫などに対する韓国の経験への共有を要請した。

またアブドラ外相は「2020ドバイ国際博覧会が来年に延期されたが、韓国側の変わらない支援を期待する」と語り、これにカン外相は「ドバイ博覧会の成功的開催のために、できる限りの支援をする」と答えた。

関連記事(外部サイト)