ソウル市長をセクハラで訴えた女性、警察が身辺保護 「要請受けた」

ソウル市長をセクハラで訴えた女性、警察が身辺保護 「要請受けた」

ソウル市長をセクハラで訴えた女性、警察が身辺保護 「要請受けた」(画像:news1)

故パク・ウォンスン(朴元淳)ソウル市長からセクハラを受けたとして告訴した女性を現地警察が「身辺保護」措置をとっていることがわかった。

13日、複数の警察関係者からの情報を総合すると、ソウル地方警察庁・女性成長年課は朴市長を訴えた女性Aさん側の要請により、管轄警察署を通じて女性の身辺を保護していることが確認された。

警察関係者は「告訴人側の身辺保護要請を受け、保護措置をとっている状況」とし、「具体的にどのような保護しているかなどについては、説明できない」と明かした。

これを前に、警察は被害を訴えている人物が要請すれば、積極的に身辺保護をすると明かしていた。被害者のための代表的な身辺保護方案は、臨時住居を準備し、住居や位置追跡が可能なスマートウォッチを支給するなど。朴市長の告訴人側は先週の金曜日以降、身辺保護を要請したと伝えられた。

関連記事(外部サイト)