セクハラ被害女性側が公開、ソウル市長が元秘書に送信したテレグラム「秘密のチャットルーム」招待画面

故朴元淳ソウル市長が死去 セクハラ被害女性側が記者会見で証拠を公開

記事まとめ

  • 故朴元淳ソウル市長からセクハラ被害を受けたと告発した被害女性側が会見で証拠を提示
  • 市長が女性に送ったとするテレグラムの"秘密のチャットルーム"招待画面を弁護士が公開
  • 「セクハラは4年間続いた」「典型的な権力によるセクハラ」と韓国性暴力相談所の所長

セクハラ被害女性側が公開、ソウル市長が元秘書に送信したテレグラム「秘密のチャットルーム」招待画面

セクハラ被害女性側が公開、ソウル市長が元秘書に送信したテレグラム「秘密のチャットルーム」招待画面

セクハラ被害女性側が公開、ソウル市長が元秘書に送信したテレグラム「秘密のチャットルーム」招待画面(画像:news1/被害女性を担当する弁護士)

故パク・ウォンスン(朴元淳)ソウル市長からセクハラ被害を受けていたと告発した被害女性側が記者会見を開き、証拠品を提示した。

13日午後2時、ソウル市内で「ソウル市長による権力セクハラ事件記者会見」が開かれた。韓国性暴力相談所と韓国女性のホットラインがきょうの会見を主催した。

この席でキム・ジェリョン弁護士は、ソウル市長が女性(元秘書)に送信したとされるTelegram(テレグラム/Telegram Messenger LLPが開発するインスタントメッセージシステム。メッセージを暗号化することによりプライバシーを担保し、全てのファイルフォーマットを送受信できることが特徴)内の「秘密のチャットルーム」招待画面(スマホ画面)を証拠として公開。

公開されたスマホ画面は、故朴市長が女性に送信したとされるTelegramチャットルームへの招待画面で、「社長」という呼び名(故朴元淳氏を指すとみられる)とアイコン写真がみえる。

韓国性暴力相談所のイ所長は「この事件は、典型的な職場セクハラ事件であるが、被告訴人が死亡したことにより公訴権なしとなり、刑事告訴はできなくなった」とする一方で、「この事件は絶対に、真相究明無しにうやむやにすることはできない」と強調。

また「セクハラは4年間、続いた」とした上で、「我々が(内容を)聴いた事実は、秘書が市長に対して拒否や抵抗ができない状況で業務時間のみならず、退勤後もプライベートを言及し身体接触、写真の送信など典型的な権力によるセクハラ行為だった」と述べた。

関連記事(外部サイト)