故朴元淳ソウル市長の携帯電話調査か…警察、近いうちにデジタル・フォレンジック実施

故朴元淳ソウル市長の携帯電話調査か…警察、近いうちにデジタル・フォレンジック実施

故朴元淳ソウル市長の携帯電話調査か…警察、近いうちにデジタル・フォレンジック実施(提供:news1)

韓国警察が故パク・ウォンスン(朴元淳)の死亡経緯を調べるため、携帯電話をデジタル・フォレンジック(デジタルデバイスに記録された情報の回収と分析調査などを行うことを指す)する予定だ。

14日、警察によるとソウル・城北警察署はパク市長の遺留品の一つである携帯電話を警察庁にフォレンジックを依頼する予定だ。

警察はソウル北部地検検事の指揮を受け、フォレンジックを行うことを決めた。該当の携帯電話の機種はiPhoneであることがわかった。暗証番号を解除しフォレンジックする作業は警察庁分析チームが担当する予定だ。

警察は「(朴市長の)変死事件と関連してのみ他殺なのか自殺なのか、この部分のみ把握する」とし「現時点では、他の容疑については捜査しない予定」と述べた。

関連記事(外部サイト)