北朝鮮「日本の防衛白書、我々の核保有に“雑言”」…「軍事多角化が目的だ」

北朝鮮「日本の防衛白書、我々の核保有に“雑言”」…「軍事多角化が目的だ」

2020年日本“防衛白書”に載せられた“北朝鮮弾道ミサイルの射程距離”の図(提供:news1)

日本で発刊された今年の防衛白書で、北朝鮮の核ミサイル能力が自国(日本)を攻撃できると伝えていることについて、北朝鮮外務省は「彼らの軍事多角化と領土強奪の策略を合法化しようとするものだ」と非難した。

北朝鮮外務省報道官は15日、北朝鮮の国営通信である朝鮮中央通信の記者からの質問に「日本政府が閣僚会議で採択した2020年防衛白書で、我々の核保有に対してああだこうだと雑言を並べ立て、隣国たちへの新たな挑戦となると言いがかりをつけている」と答えた。

つづけて「このことから、今まで安倍政権が機会のあるごとに、我々のミサイル脅威を騒ぎ立てながら日本社会に恐怖心を植え付け、彼らの凶悪な政治軍事的目的実現に利用してきた悪習を、依然として捨てずにいることがみえる」と皮肉った。

また「今日本は膨張した軍事力を背景に“専守防衛”を完全に脱ぎ捨て、“先制攻撃”を狙った“敵基地攻撃能力保有”を堂々と語っていることに対して、周辺国たちは鋭い視線で注視している」と主張した。

関連記事(外部サイト)