「ロ朝共同宣言から20周年…両国の親善、絶えず発展」=北朝鮮

「ロ朝共同宣言から20周年…両国の親善、絶えず発展」=北朝鮮

「ロ朝共同宣言から20周年…両国の親善、絶えず発展」=北朝鮮(画像提供:WoW! Korea)

北朝鮮は19日、ロ朝共同宣言採択20周年を迎え、「両国間の親善協力関係は絶えず発展してきた」と両国の友好関係を誇示した。

労働党機関紙「労働新聞」はこの日、「ロ朝親善関係発展の重要な歴史的道しるべ」というタイトルの論説で、「ロ朝共同宣言は、伝統的なロ朝の親善を新時代のニーズに合わせて深化発展させる上で重要な道しるべになった」と明らかにした。

北朝鮮は2000年7月、ロシア国家元首としては初めて、ウラジミール・プーチン大統領を招待し、ロ朝首脳会談を開催し、軍事協力の強化、両国の友好協力推進など、11項目に込められたロ朝共同宣言を採択した。

「労働新聞」は「両国人民の根本的な利益と多極世界を創設し、平等と相互の尊重、互恵的な協調の原則に基づいて、新たな公正かつ合理的な国際秩序を確立しようとする流れに合致する」として、宣言の意味を説明した。

関連記事(外部サイト)