ソウルのアパートでも「水道水から“幼虫”を発見」の通報…「流入経路を確認中」=韓国

ソウルのアパートでも「水道水から“幼虫”を発見」の通報…「流入経路を確認中」=韓国

韓国仁川市の上水道事業所関係者による測定で、アパートの水道水から幼虫が確認された(提供:news1)

韓国では、インチョン(仁川)とキョンギド(京畿道)のシフン(始興)市などで、水道水から幼虫から出てきたという通報が次々ときている中、今度はソウルでも幼虫による通報がきたことで、ソウル市が調査に乗り出した。

今日(20日)ソウル市の上水道事業本部によると、前日の19日午後 ソウル中区のアパートで住民がシャワーを浴びているとき、風呂場の床にいる幼虫を発見したという通報があった。

上水道事業本部は、幼虫がアパートの水道水に流入した経路を正確に把握するために、関連調査を実施する計画である。

上水道事業本部の関係者は「幼虫が仁川のように浄水場で発見されたものが水道の蛇口まできたのか、アパートの貯水槽を通して入ってきたものなのか、確認しなければならない」と語った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?