韓国、来月15〜17日を臨時連休に=新型コロナで国民の疲労感を考慮

韓国、来月15〜17日を臨時連休に=新型コロナで国民の疲労感を考慮

韓国、来月15〜17日を臨時連休に=新型コロナで国民の疲労感を考慮(画像:news1)

韓国政府は21日の国務会議で、来月17日を臨時休日(国民の休日)に指定する案件を議決する。

政府はこの日午前、青瓦台(大統領府)でムン・ジェイン(文在寅)大統領主宰で開かれる「第37回国務会議」で、8月17日を臨時休日に指定する方案を審議・議決する方針だ。

これを前に、チョン・セギュン(丁世均)首相は去る19日、新型コロナウイルス中央災難(災害)安全対策本部会議を主宰し、8月17日を臨時休日に指定する方案を検討していると明かした。

ことしの休日数(115日)が昨年(117日)に比べて少なく、さらに新型コロナウイルスによって国民の疲労が蓄積している点などを考慮したものと説明された。

これにより、来月韓国では15日から17日が3連休となる。

関連記事(外部サイト)