“職員常習暴行”韓進グループ“ナッツ姫”&“水かけ姫”母、1審を不服として控訴

故チョ・ヨンホ韓進グループ会長の妻イ・ミョンヒ被告が控訴 常習特殊傷害などの容疑

記事まとめ

  • 故チョ・ヨンホ韓進グループ会長の妻イ・ミョンヒ被告が、1審を不服として控訴した
  • イ被告は、運転手らに常習的に暴言や暴行をはたらいた容疑で裁判にかけられていた
  • イ被告には14日、常習特殊傷害などの容疑で懲役2年、執行猶予3年が言い渡されている

“職員常習暴行”韓進グループ“ナッツ姫”&“水かけ姫”母、1審を不服として控訴

“職員常習暴行”韓進グループ“ナッツ姫”&“水かけ姫”母、1審を不服として控訴

“職員常習暴行”韓進グループ“ナッツ姫”&“水かけ姫”母、1審を不服として控訴(画像:news1)

運転手や警備員に対して常習的に暴言や暴行をはたらいた容疑で裁判にかけられた故チョ・ヨンホ韓進グループ会長の妻イ・ミョンヒ被告が、一審の執行猶予付き判決を不服として控訴した。

21日、裁判所によるとイ被告は同日、控訴状を提出したという。検察側も前日(20日)に控訴した。

イ被告は運転手など9人に対して22回にわたり暴言や暴行をはたらき、危険な物を投げつけるなどして業務を妨害した容疑(常習特殊傷害など)で裁判にうつされていた。

なお、ソウル中央地裁は去る14日、常習特殊傷害などの容疑で起訴されたイ被告に懲役2年、執行猶予3年を言い渡した。

関連記事(外部サイト)