韓国首相、「教会での集会禁止など防疫強化措置、24日から解除」

韓国首相、「教会での集会禁止など防疫強化措置、24日から解除」

韓国首相、「教会での集会禁止など防疫強化措置、24日から解除」(提供:news1)

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相は22日「大部分の教団と信者らが、防疫規則をしっかり守ってくれたおかげで最近、教会の小集会などによる感染事例はほとんど発生していない」とし、「これにより、教会防疫強化措置を24日から解除する」と明らかにした。

丁首相は同日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルス感染症中央災難(災害)安全対策本部会議を主宰し、「ただし、自治体の行政措置は可能だという点を申し上げる」と述べた。

これに先立ち政府は、教会の小集会などを中心に市中感染が発生すると、去る10日から教会を対象に、礼拝以外の小集会・イベント・団体食事などを禁止する防疫強化措置を施行した。該当規則を違反した場合、300万ウォン(約27万円)以下の罰金及び集合禁止措置を科した。

関連記事(外部サイト)