故朴ソウル市長への告訴前日「“検察”に先に連絡」…“告訴事実の流出”の疑いの対象に“検察”も=韓国

故朴ソウル市長への告訴前日「“検察”に先に連絡」…“告訴事実の流出”の疑いの対象に“検察”も=韓国

韓国ソウルで22日午前、“ソウル市長による威力”性暴力“事件 2次記者会見”が開かれた(提供:news1)

故パク・ウォンスン(朴元淳)前ソウル市長のセクハラを告訴した元秘書側は、警察に告訴状を提出する前日、“検察”に面談の要請をしていた事実が確認されたことで、パク市長被訴の流出疑惑の対象に“検察”までもが入ることになった。

検察はすぐさま「通話・告訴状について上部への報告や外部に知らせたことはない」として、このことに線を引いた。検察を通じたパク市長被訴流出の疑いが拡大する前に、先んじて釈明をしたかたちである。

ソウル中央地検は今日(22日)記者団に「被害者の法律代理人であるキム・ジェリョン弁護士との通話事実および通話内容、告訴状が警察に受け付けられた事実について、上級機関に報告したり外部に知らせた事実はない」と伝えた。

この日に開かれた被害者側の記者会見でキム弁護士は「ソウル地方警察庁に告訴状を提出する前の去る7日に、ソウル中央地検の女性児童犯罪調査部長に連絡したのち、面談の要請をしていた」と語った。

これまで“パク市長の被訴事実流出”については “大統領府・警察・女性団体”が疑いの対象になっていたが、このことで“検察”までもがその疑いの対象に加わることとなった。

関連記事(外部サイト)