新型コロナ拡大のイラクで働く韓国人労働者、帰国のため明日現地を出発…韓国政府、総力支援

新型コロナ拡大のイラクで働く韓国人労働者、帰国のため明日現地を出発…韓国政府、総力支援

新型コロナ拡大のイラクで働く韓国人労働者、帰国のため明日現地を出発…韓国政府、総力支援(提供:news1)

韓国政府が、新型コロナウイルス感染症が拡大しているイラク内の韓国人労働者帰国のために、総力支援に乗り出した。

政府は22日、イラク内の韓国人労働者297人の帰国のために、軍用機2機を投入し、現地に残る労働者のために、非対面診療サービスと防疫物品を支援すると明らかにした。また、イラク現地で、新型コロナウイルスに感染して入院治療を受けている韓国人2人に対しても民間航空救急の投入を進めている。

キム・ガンリプ中央災難安全対策本部第1総括調整官は、この日の定例会見において「イラクで、新型コロナウイルス感染症が拡大傾向を示していることにより、23日に政府合同迅速対応チームをイラクに派遣し、(韓国人)労働者の帰国を支援する」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)