現役記者がソウル市庁の事務室に無断侵入、自殺した前市長のセクハラ関連資料を撮影か=韓国

現役記者がソウル市庁の事務室に無断侵入、自殺した前市長のセクハラ関連資料を撮影か=韓国

現役記者がソウル市庁事務室に無断侵入、ソウル前市長セクハラ関連資料撮影か=韓国(提供:news1)

ソウル市庁内の事務室に無断侵入した現職記者に対する告発状を受け、韓国警察が捜査に着手した。

ソウルのナムデムン(南大門)警察署は24日、ソウル市庁に出入りする日刊紙所属の記者を建造物侵入の疑いで立件し、捜査していることを明らかにした。

この記者は今月17日午前7時ごろ、ソウル市庁9階にあるソン・ダヨン女性家族政策室長の事務室に無断侵入し、事務室に保管されている一部の資料を撮影している現場を職員に発見された。

当時、ソウル市は故パク・ウォンスン前市長のセクハラ関連疑惑を調査する調査団の設置をソン室長の主導で論議をしていた。 記者が撮影した資料がこの調査と関連があるかどうかは把握されていない。

関連記事(外部サイト)