アメリカの新入留学生ら、100%オンライン授業の場合は入国禁止

アメリカの新入留学生ら、100%オンライン授業の場合は入国禁止

アメリカの新入留学生ら、100%オンライン授業の場合は入国禁止(画像提供:WoW! Korea)

米政府は、今秋に新たに入学する外国人留学生が、100%オンライン授業だけの場合、入国が禁止されるだろうと24日(現地時間)明らかにした。

米国公共ラジオ局のNPRなどによると、米国土安全保障省傘下の移民税関捜査局(ICE)は同日、大学当局者に送った公文書で「非移民(臨時入国)の学生にビザの柔軟性を付与する指針は、3月9日までに米国の学校に入学した学生にのみ適用される」と確認した。

つまり、今年の1学期以前にすでに入学して登録されている学生ではなく、秋学期の入学予定者らは、ビザ発給がされないことを意味する。

ICEは「3月9日以降、新たに入学した非移民学生らは、オンライン100%学習であれば、登録のために米国に入国することができないだろう」と明らかにした。外国人学生らは、米国に入国する場合、ビザの申請をしなければならず、そのためには、I-20という書類を入学が許可された学校から発給されなければならない。米政府は、新入生の外国人学生らに書類を発給しないよう学校関係者に通知した。

関連記事(外部サイト)