北「コロナ流入は韓国のせい」…「南北保健協力のきっかけとなるか?」

北「コロナ流入は韓国のせい」…「南北保健協力のきっかけとなるか?」

北朝鮮は、新型コロナの疑いのある患者が発生したとして、国家非常防疫体系を最大非常体制で履行していることを明らかにした(提供:news1)

北朝鮮は、新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者が発生したとして、国家非常防疫体系を最大非常体制で履行していることを明らかにした。北朝鮮が新型コロナの流入の可能性を初めて公式に伝えたことで、韓国政府が進めていた南北保健協力にも進展があるのではという見方が出ている。

朝鮮労働党機関紙“労働新聞”は26日「ケソン(開城)で悪性ウイルスに感染したものと疑われる越南逃走者(脱北者)が3年ぶりに不法に南北境界線を越え、去る7月19日に帰郷するという非常事件が発生した」と報道した。つづけて「専門防疫機関では、不法帰郷者の上気道の分泌物と血液に対する数回の該当検査をした」とし「悪性ウイルス感染者と疑われる釈然としない結果が出た」と伝えた。

北朝鮮が対内外的に新型コロナの流入の可能性を言及したのは、今回が初めてである。特に新型コロナが疑われる患者が“韓国から開城に再入国した北朝鮮離脱住民(脱北者)”だという点で、その責任を脱北者と韓国に被せようとする意図があると読み取れる。

韓国統一研究院のチョ・ハンボム専任研究員はこの日 韓国総合ニュース通信社“ニュース1”とのインタビューで「脱北者団体によるビラ問題に今回の脱北者コロナ問題が重なることで、“脱北者”問題が深刻化する可能性もあるが、画期的な南北保健協力の方向に行く可能性もある」とし「韓国側に責任があるので、『韓国が来て解決せよ』という論理が成立する可能性がある」と分析した。

関連記事(外部サイト)