ビル・ゲイツ、文大統領に書簡「コロナ対応、共に働きたい」=韓国大統領府

ビル・ゲイツ、文大統領に書簡「コロナ対応、共に働きたい」=韓国大統領府

ビル・ゲイツ財団のビル・ゲイツ理事長が文在寅 韓国大統領に書簡を送っていたことを韓国大統領府が伝えた(提供:news1)

“ビル ミランダ・ゲイツ財団(ビル・ゲイツ財団)”を創設した、マイクロソフト創始者のビル・ゲイツ理事長は去る20日、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領に書簡を送っていたことが明らかとなった。

26日、青瓦台(韓国大統領府)の副報道官によると、ゲイツ理事長は書簡で「今のような困難な時期に文大統領が見せてくださったリーダーシップと大統領ご夫妻の世界保健のための努力に謝意を表する」と伝えた。

ゲイツ理事長は「韓国政府とゲイツ財団の協力を一層強化し、新型コロナウイルス感染症およびグローバル保健課題への対応過程において、文大統領とともに働くことを希望する」と伝えた。

ゲイツ理事長はまた、最近 キム・ジョンスク(金正淑)大統領夫人が国際ワクチン研究所(IVI)の韓国後援会の4代名誉会長になったことについて、祝賀の意を伝えた。

ゲイツ理事長は「韓国のコロナへの対応に感銘を受けた」とし「素晴らしい防疫とともに、韓国が民間分野ではワクチン開発などにおいて先頭を走っている」と評価した。

特に「ゲイツ財団が新型コロナワクチンの研究開発費を支援している“SKバイオサイエンス”のワクチン開発が成功すれば、来年6月から年間2億個のワクチンを生産できるだろう」と伝えた。

関連記事(外部サイト)