”世界一の監視社会” 監視カメラの最も多い都市20か所中18か所は中国

”世界一の監視社会” 監視カメラの最も多い都市20か所中18か所は中国

”世界一の監視社会” 監視カメラの最も多い都市20か所中18か所は中国(画像:WoW! Korea)

世界で、監視カメラ(CCTV)が最も多く設置されている20都市の中で、18か所は中国の都市であることがわかった。

26日、香港「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」は、英国の技術ウェブサイトの報告書を引用し、中国の18都市に全世界の監視カメラのおよそ50%以上が設置されていると報じた。

報告書によると、北京は115万台(人口1000人あたり約60台)の監視カメラを保有し、世界1位。上海が100万台で次に続いた。

20都市のうち、中国の都市以外ではロンドン(イギリス)が3位、ハイデラバード (インド)が16位に入った。

1人あたりの監視率基準では、山西省の太元と江蘇省の武西がそれぞれ1位、2位だった。

一方、同報告書は中国は2021年までに5億6700万台の監視カメラを、米国は8500万台を設置する計画だと伝えた。

関連記事(外部サイト)