「防疫妨害・56億ウォン横領容疑」で新天地李萬煕総会長に逮捕状=韓国検察

「防疫妨害・56億ウォン横領容疑」で新天地李萬煕総会長に逮捕状=韓国検察

「防疫妨害・56億ウォン横領容疑」で新天地李萬煕総会長に逮捕状=韓国検察(提供:news1)

検察が、政府の新型コロナウイルス感染症の防疫活動を妨害した疑いで、新天地イエス教証しの幕屋聖殿(以下、新天地)のイ・マンヒ(李萬煕)総会長(89)に対して、逮捕状を請求した。

スウォン(水原)地検刑事6部(パク・スンデ部長検事)は28日、感染症予防法違反、危険な計画による公務執行妨害、特経法違反(横領)、業務妨害などの疑いで、李萬煕総会長に対する逮捕状を請求したと明らかにした。

李萬煕総会長は、新天地テグ(大邱)教会を中心に、新型コロナウイルスの感染が拡大していた2月、防疫当局に信徒名簿と施設の現状を欠落したり、虚偽のものを提出した疑いを受けている。

また、新天地の資金約56億ウォン(約4億9000万円)を横領し、公共施設に無断で入り、萬国会義の行事を数回強行した疑いも受けている。

関連記事(外部サイト)