「釣魚島は中国固有の領土」、中国の主張に日米の批判相次ぐ

「釣魚島は中国固有の領土」、中国の主張に日米の批判相次ぐ

「釣魚島は中国固有の領土」、中国の主張に日米の批判相次ぐ(画像提供:Wow! korea)

中国政府は29日、尖閣諸島付近に中国船舶が接近するのは領土侵害というアメリカと日本の批判に反論した。

ロイター通信によると、ワンウォンビン(汪文斌)中国外交部報道官が定例会見で「釣魚島は中国固有の領土である。 われわれはこの地域で法の執行活動を行う権利がある」と述べた。

尖閣諸島の沖合に中国軍所属と推定される軍艦が接続水域に進入したという日本側の批判にアメリカの司令官が支持をしたことに対する反論だ。

ワン報道官は「関連当事国がこの地域の平和と安定に役立たない措置を取っている。地域安定を維持するためにより多くの努力をしてほしい。」と述べた。

関連記事(外部サイト)