漢灘江氾濫・臨津江洪水警報…江原・京畿北部の一部住民が避難=韓国

漢灘江氾濫・臨津江洪水警報…江原・京畿北部の一部住民が避難=韓国

漢灘江氾濫・臨津江洪水警報…江原・京畿北部の一部住民が避難=韓国(提供:news1)

北朝鮮から韓国のカンウォン(江原)チョルウォン(鉄原)およびキョンギ(京畿)ヨンチョン(漣川)を流れるハンタンガン(漢灘江)が、北朝鮮地域で続いた豪雨により氾濫した。

ハンガン(漢江)洪水統制所は、京畿道パジュ(坡州)市にあるピリョン大橋の水位が急激に上昇すると、5日午後4時30分に「洪水警報」を発令した。

イムジンガン(臨津江)ピリョン大橋地点は、漢江に降った雨と上流のグンナムダムの放流によって、水位が上昇し続けている。漢江洪水統制所は、この日午後5時40分頃、洪水警報の水位(11.5m)を超えると予想し、洪水警報を発令した。

この日午後6時40分時点のピリョン大橋の水位は11.6mで、警報水位の11.5mを0.1m上回った。

坡州市は、臨津江の周辺地域を中心に避難勧告を発令した。

また、江原鉄原郡でも、5つの村にわたる計116世帯、200人余りが緊急避難した。

関連記事(外部サイト)