統一部、新型コロナ対策でサーモグラフィカメラなど北朝鮮へ搬出を承認=韓国

統一部、新型コロナ対策でサーモグラフィカメラなど北朝鮮へ搬出を承認=韓国

統一部、新型コロナ対策でサーモグラフィカメラなど北朝鮮へ搬出を承認=韓国(提供:news1)

5日、統一部は、国内のある民間団体が申請した新型コロナ対策によるサーモグラフィカメラ20台を北朝鮮に搬出することを承認した。

また、統一部は、同団体が申請した2万ドル相当のアフリカ豚熱(ASF)の診断キットの搬出も承認した。

この民間団体は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会に、北朝鮮のピョンアンプクド(平安北道)の学校、港、病院などの公共施設にサーモグラフィカメラを供給するために制裁免除を申請し、先月17日に免除承認を受けた。

該当民間団体は先月30日にも、消毒薬や防護服、診断キットなど、約8億ウォン(約7100万円)規模のコロナ関連品の搬出も承認を受けている。

関連記事(外部サイト)