生後37日の息子を建物の階段に遺棄した30代の中国人女性「懲役1年6か月」=韓国

生後37日の息子を建物の階段に遺棄した30代の中国人女性「懲役1年6か月」=韓国

生後37日の息子を建物の階段に遺棄した30代の中国人女性「懲役1年6か月」=韓国(提供:news1)

生後37日の新生児を建物の階段に遺棄した30代の中国人女性に実刑が宣告された。

韓国ウルサン(蔚山)地裁の刑事12部(キム・グァング部長判事)は、児童虐待犯罪の処罰などに関する特例法違反の疑いで、A氏(35)に懲役1年6か月を宣告し、40時間の児童虐待治療プログラムの履修をともに命じたと7日、明らかにした。

A氏は今年1月21日、蔚山の病院において、妊娠34週目(早産)で2000gの息子を産んだ。

予定日より早く産まれたことにより、呼吸困難と低出生体重児の診断を受けたA氏の息子は、1か月後の2月20日に退院した後、ソウルのある教会に養子縁組の問い合わせを行い、子どもを預けた。

しかし、教会側がA氏の国籍の問題などにより、子どもを8日以上預かることができないことを伝えると、同月27日に再び息子を連れて蔚山に来た後、午後9時53分頃、4階建ての建物の地下階段に子どもを遺棄した。

ダウンジャケットに包まれた状態で遺棄されたA氏の息子は、11時間後の翌日午前8時30分頃に、建物の居住者によって発見された。

発見当時、子どもは深刻な低体温症により、危険な状態であったが、その後は幸いにも健康を回復したことが分かった。

A氏は、ソウルに居住する夫に内緒で、蔚山にいる他の男性と同居中に出産し、子どもの父親が確実でない状況で、養育が難しいと判断して犯行に及んだことが分かった。

裁判所は「被告人が犯行を認めて反省し、赤ちゃんも特別な後遺症はなく、正常に成長している点などは幸いである」とし、「しかし、被告人は産まれて1か月余りの赤ちゃんを遺棄し、当時の天気や健康状態など考慮すると、生命に深刻な危険が及ぶ可能性があることを十分に予想することができたはずだ」として、量刑理由を明らかにした。

関連記事(外部サイト)