韓国の新規感染者「43人」…首都圏での発生目立つ

韓国の新規感染者「43人」…首都圏での発生目立つ

韓国の新型コロナによる感染者・隔離解除者・隔離中・死者の現況(提供:news1)

韓国の新型コロナウイルスによる新規感染者は今日(8日)0時基準で43人発生し、二日ぶりに再び40人を越えた。

そのうち国内の市中発生は30人で、海外からの流入事例は13人である。国内の市中発生30人は全て首都圏での発生で、感染拡大の恐れがある状況である。特にこの地域感染は先月23日の39人を記録して以降、16日ぶりに再び30人台へと増加した。

今日 韓国疾病管理本部の中央防疫対策本部によると、この日の0時基準での感染者は43人と集計され、累積死者数は前日より1人増加の304人と記録された。

海外流入事例13人の出発国家は、米国4人、フィリピン3人、バングラデシュ1人、カザフスタン1人、インド1人、ロシア1人、オーストリア1人、アルジェリア1人となっている。

感染経路は、教会11人と米軍2人などが主となっている。

関連記事(外部サイト)