韓国外務省、湖北省への渡航警報を“下向修正”…「コロナが安定的に管理されている」

韓国外務省、湖北省への渡航警報を“下向修正”…「コロナが安定的に管理されている」

中国 湖北省の渡航警報発令の現況(提供:news1)

韓国外交部(外務省)は、中国の武漢市を含めた湖北省全域に発令していた“帰国勧告”レベルの渡航警報を、今日(10日)下向調整したことを明らかにした。湖北省は他の中国地域と同じく“特別渡航注意報”の適用を受けることになる。

韓国外交部によると、湖北省内の新型コロナウイルス感染症の感染状況が安定的に管理されていることに加えて、現地に生活基盤を置く自営業・留学生などの韓国民たちが現地への復帰を望んでいるという点を踏まえての措置である。

韓国外交部は去る1月25日、湖北省全域に“帰国勧告”を意味するレベル3の渡航警報(赤色警報)を発令していた。中国武漢市で発生した新型コロナが急速に拡散していたためであった。

関連記事(外部サイト)