「G7拡大、韓国は十分に貢献できる能力がある」=康京和外相

「G7拡大、韓国は十分に貢献できる能力がある」=康京和外相

「G7拡大、韓国は十分に貢献できる能力がある」=康京和外相(提供:news1)

カン・ギョンファ(康京和)外交部(日本の外務省に相当)長官は10日、主要7か国(G7)拡大案について「議長国によって議題が決められるだろうが、韓国は十分に貢献できる能力があると考えている」と明らかにした。

康京和長官はこの日、ドイツのベルリンで、ハイコ・マース・ドイツ外相と会談した後の記者会見において、G7拡大問題についての質問にこのように明らかにし、「(ただし)国際社会の論議の枠組み(用意など)は、相当な論議を経なければならない」と述べた。

康京和長官は、ドナルド・トランプ米大統領が、G7拡大案を提案したことについては、「韓国が米国側の招請で(G7に)招請されたことを歓迎し、積極的に賛成する」と述べた。

これに先立ち、今年のG7首脳会議議長国である米国は、G7の拡大が必要であるとして、韓国を招請した。

これに対して、ハイコ・マース外相は6日、ドイツのメディアとのインタビューで、G7の拡大は必要ないという立場を明らかにしていた。

関連記事(外部サイト)