「トランプには、今すぐの在韓米軍“減縮”計画ない」=米シンクタンク

「トランプには、今すぐの在韓米軍“減縮”計画ない」=米シンクタンク

韓国の平澤にある在韓米軍基地(提供:news1)

ドナルド・トランプ米国大統領には、すぐさま在韓米軍を減縮する計画はないという主張が出ている。少なくても11月3日の米大統領選まで在韓米軍の減縮は推進されないという意味である。

米国の有名なシンクタンクである“国益研究センター(CNI)”の韓国担当局長は10日(現地時間)、米国の政治専門メディア“アメリカン・コンサバティブ”に寄稿した“トランプは米軍を連れ戻すことを望んでいるが、韓国ではまだなされない”というタイトルで、行政府の高位当局者の話を引用して、先のように伝えた。

この局長は「先月 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、国防省がホワイトハウスに在韓米軍の減縮オプションを提示したと報道していたが、ホワイトハウスと国防省の高位関係者たちによると、今すぐそのようにする計画はない」と伝えた。

また「トランプ大統領は韓国に圧力をかけようと、このような(減縮)話が出たとみている」と語った。

つづけて「米大統領選でジョー・バイデン民主党候補が当選すれば、在韓米軍の減縮はないだろうが、トランプ大統領が再選すれば再び“減縮説”が飛び交うだろう」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)