北朝鮮、建設関連記事のキーワード1位は「働き手」

北朝鮮、建設関連記事のキーワード1位は「働き手」

北朝鮮、建設関連記事のキーワード1位は「働き手」(提供:news1)

北朝鮮が今年核心となっている建設開発部門の成果のために、「人力」に絶対的に依存する傾向が表れているという分析が出ている。

新型コロナウイルス感染症に対する最大非常体制と豪雨被害の「二重苦」で人力の動員がより難しくなる中、今年の党創建75周年記念日(10月10日)までの完工を目標とした建設計画に問題が生じるのではないかという見方も出ている。

12日韓国土地住宅公社(LH)土地住宅研究院の北朝鮮研究センターによると、今年第2四半期(4〜6月)北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」に出た建設開発分野の156記事の主要キーワードを分析した結果、「働き手」という単語が計499回ともっとも多く登場した。

報告書は「北朝鮮の立ち遅れと対外的な孤立で電気や原油が不足し、建設工事に機械の活用がほぼ不可能なため、人力に絶対的に依存するという状況を表しているものとみられる」と説明した。

特に、キム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の指示で今年最優先として建設中の「ピョンヤン(平壌)総合病院」は建設現場としては唯一もっとも多い40位に選ばれた。これについて報告書は、「北朝鮮当局がこの事業をどれだけ重要視しているかがわかる」と説明した。

関連記事(外部サイト)