韓国野党議員「与党のセクハラ問題は“判断力喪失”によるもの」…自分たちの“倫理的問題”に「謝罪」だけで乗り切ろうとする韓国与党

韓国野党議員「与党のセクハラ問題は“判断力喪失”によるもの」…自分たちの“倫理的問題”に「謝罪」だけで乗り切ろうとする韓国与党

韓国野党“未来統合党”の河泰慶 釜山市議会委員長(提供:news1)

韓国野党“未来統合党”のハ・テギョン(河泰慶)プサン(釜山)市議会委員長は今日(13日)「セクハラ問題は判断力を喪失した民主党(韓国与党“共に民主党”)だ」として、与党の釜山市議員のセクハラ問題をはじめとして、与党で次々と発生している“性的不正”を批判した。

ハ委員長はこの日 自身のフェイスブックに「与党は、明白なセクハラの証拠を提示しても懲戒しなかった。与党所属の故パク・ウォンスン(朴元淳)前ソウル市長、オ・ゴドン(呉巨敦)前釜山市長によるセクハラ事件があったにもかかわらず、与党は全く変わっていない」と伝えた。

ハ委員長は特に、与党が今回の問題も“懲戒をしない”ということをみて「所属市議員のセクハラに“謝罪”はしても、速やかな懲戒は避けている」と批判した。

また「今回の事件は、明白なセクハラの証拠として監視カメラによる映像画面が提示されている。一回ではなく、繰り返しのセクハラ行為を行なっていた」とし「娘が見ている前で、女性に侮蔑な思いをさせている。それなのに与党は速やかな懲戒を避けている」と強調した。

つづけて「与党はいつも全ての問題を『司法処理の結果を見て判断する』と言って、故朴前ソウル市長の時もそうだった」とし「倫理的に問題が明白であっても、全て黙認して、終わりにしようとしている」と批判した。

関連記事(外部サイト)