韓国政府、首都圏の防疫レベル引き上げを来週決定へ

韓国政府、首都圏の防疫レベル引き上げを来週決定へ

韓国政府、首都圏の防疫レベル引き上げを来週決定へ(画像:news1)

韓国政府は、首都圏を中心に新型コロナウイルス感染が再び拡大している中、光復節(韓国の独立記念日/日本では終戦記念日)と臨時休日(国民の休日)が続く今週末の感染者推移を見守った後、社会的距離の確保(ソーシャル・ディスタンス)2段階へ防疫レベルを引き上げるか否かを決定する。

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相は14日午後、政府世宗庁舎で首都圏の集団感染対応のための緊急会議を主宰し、このような内容を明らかにした。

韓国政府は、防疫レベル引き上げ前にソウル市とキョンギド(京畿道)では社会的距離の確保2段階に準ずる措置として、教会と多重利用施設に対する先制的な防衛強化措置をとると発表した。

また、学生に対する防疫強化のためPCルームを高危険施設に指定することを検討している。

関連記事(外部サイト)