「総督の髭」を剃ったハリス米大使と面談した韓国統一相、今日は中国大使と「朝鮮半島情勢を論議」

「総督の髭」を剃ったハリス米大使と面談した韓国統一相、今日は中国大使と「朝鮮半島情勢を論議」

18日、韓国の李仁栄 統一相はハリス駐韓米国大使と面談をもった(提供:news1)

韓国のイ・イニョン(李仁栄)統一相は、米国をはじめとして中国と日本など、朝鮮半島の周辺国の大使たちと次々と会い、南北交流協力に対する周辺国の役割をもとめる予定である。

イ統一相は18日、「朝鮮総督の髭」を剃ったハリー・ハリス駐韓米国大使との面談に続き、今日(19日)の午後にケイ海明 駐韓中国大使に会い、朝鮮半島情勢に関して意見を交換する。

ケイ海明大使は、イ統一相就任による挨拶を兼ねての礼訪となる。

前日のハリス大使もやはり、挨拶を兼ねての面談として、最近の朝鮮半島情勢をはじめとして米韓ワーキンググループ(米韓作業部会)に対する国内の批判的世論および改善方案について意見を交換した。

イ統一相は「『雨降って地固まる』ということわざのように、南北関係も今の膠着状態を越えてより確固とした関係へと生まれ変れるよう、米国側の積極的な協力を要請する」として、その役割をもとめた。

イ統一相はケイ海明大使にも、朝鮮半島の非核化と朝鮮半島の平和定着の過程で、中国の建設的な役割が重要だという点をもとめるものとみられている。また 中韓両国間の緊密な疎通と協力の必要性を強調するものと観測される。

関連記事(外部サイト)