韓国民主党、李候補がコロナ検査…党最高委は午後1時に順延

韓国民主党、李候補がコロナ検査…党最高委は午後1時に順延

韓国民主党、李候補がコロナ検査…党最高委は午後1時に順延(提供:news1)

共に民主党のイ・ナギョン(李洛淵)党代表候補が新型コロナウイルス感染症の感染者とラジオ番組で同じマイクを使用したことが確認され、国会にも緊張が走っている。直接的な接触はなかったが、李候補は18日午後に新型コロナウイルスの検査を受け自宅待機中だ。

これにより、民主党は19日午前9時30分に予定されていた最高委員会議を午後1時に順延することにした。万一の事態に備え李候補の検査結果が出た後に党会議を進める。

民主党関係者はニュース1との通話で、「明日の最高委は午後1時に順延する」とし、「それまで待機しなければならない」と話した。李候補の検査結果が19日午前中に出るものとみられ、それまでは安全のため党会議を行わないことにした。状況が緊迫していると判断し、夜遅くに会議の延期を決定した。

李候補はこの日の夜に自身のフェイスブックを通じ、「私は昨日から今日まで自分が行った場所、会った人たちに議員室を通じてこの事実を知らせる」とし、「どうか何事もないことを願っている」と述べた。

李候補はこの日午前に国会顕忠院(ヒョンチュンウォン)で開かれた故キム・デジュン(金大中)元大統領の死去11周忌追悼式に丁世均(チョン・セギュン)首相をはじめとした与野党の政党代表など多数の人物とともに参席したため、与野党指導部にも緊張が走っている。

関連記事(外部サイト)