ソウルの考試院で生活する息子から母、娘へコロナ感染=韓国

ソウルの考試院で生活する息子から母、娘へコロナ感染=韓国

ソウルの考試院で生活する息子から母、娘へコロナ感染=韓国(提供:news1)

韓国ソウルにある「考試院」で生活している息子に会った後、新型コロナの陽性判定を受けた50代女性の子供の感染が確認された。韓国の考試院とは本来、公務員試験を控えた人が勉強に集中するための施設のこと。狭くて家賃が安いため、経済弱者の若者や貧困層の住居としても使われる場合が多い。

仁川市が19日に明らかにしたところによると、女性(22歳)は新型コロナ感染の判定を受けたが、この女性の母(56歳)も既に感染が明らかになっている。

母親は、ソウル鍾路区三街の考試院で息子と会った後、今月16日に新型コロナと疑われる症状が現れ、検査を受けたところ感染が判明した。

さらに女性が感染したことで、仁川での累積感染者数は計449人になった。

市などの防疫当局は、女性を病院に運んだ後、疫学調査を行うという。

関連記事(外部サイト)