米国トランプ大統領、韓国に呪い?…「韓国はもうおしまいだ」=選挙遊説で新型コロナを言及

米国トランプ大統領、韓国に呪い?…「韓国はもうおしまいだ」=選挙遊説で新型コロナを言及

トランプ米国大統領は、新型コロナが再拡散している韓国とニュージーランドに対して「おしまいだ」と語った(画像提供:wowkorea.jp)

ドナルド・トランプ米国大統領は、自国の新型コロナウイルス感染症の拡散について「終息する希望がみえる」とし、新型コロナが再拡散している韓国とニュージーランドに対して「おしまいだ」と語った。

20日(現地時間)、米国のケーブルTV“C・SPAN”によると、トランプ大統領はこの日ペンシルベニアでの選挙遊説で、先のように語った。

トランプ大統領は「今(新型コロナの)流行が終息する希望に満ちた時を迎えたが、そのような国が他にあるのか」とし「彼らは比べたがっている。我々が信じがたいことを成し遂げたためだ」として、話を切り出した。

トランプ大統領は「ニュージーランドはおしまいだ。全てのことは消え去り、これから大規模感染が発生する」とし、つづけて「韓国もおしまいだ。昨日 大きな感染が起こった」と強調した。

トランプ大統領は「我々は素晴らしいことを成し遂げた。我々は大国だ」とし「我々はこれ(新型コロナ)に勝ったようだ」と付け加えた。

しかし米国は20日、4万5000人の新規感染者が発生していて、最近 感染拡大が減っているが、それでも依然として毎日1000人ずつの死者が発生している。

関連記事(外部サイト)