韓中高官会談「新型コロナが安定すれば習近平主席の早期訪韓」で合意

韓中高官会談「新型コロナが安定すれば習近平主席の早期訪韓」で合意

韓中高官会談「新型コロナが安定すれば習近平主席の早期訪韓」で合意(提供:news1)

ソ・フン(徐勲)韓国大統領府国家安保室長とヤン・チエチー中国共産党中央政治局委員は22日、習近平中国国家主席の訪韓と関連して、新型コロナウイルス感染症の状況が安定し、条件が整えば、習近平主席の訪韓を早期に実現させることで合意し、訪韓の時期など、具体的な事案については、外交当局間で引き続き協議していくことにした。

ソ・フン室長とヤン・チエチー委員は、この日午前9時30分から4時間にわたり、プサン(釜山)ウェスティン朝鮮ホテルで会談を行ったのに続き、午後1時30分から1時間50分間、昼食協議を通じて、このように意見をまとめたとカン・ミンソク大統領府報道官が書面で伝えた。

中国側は「習近平主席が優先的に訪問する国は韓国である」という点を確認したという。

ソ・フン室長とヤン・チエチー委員はこの日の会談で、△新型コロナウイルス対応協力△高官の交流など韓中関心の懸案△朝鮮半島問題と国際情勢など幅広い問題について虚心坦懐に深い対話を交わした。

関連記事(外部サイト)