教会信者の娘がコロナ感染、小学校の生徒や教職員158人を検査=韓国

教会信者の娘がコロナ感染、小学校の生徒や教職員158人を検査=韓国

教会信者の娘がコロナ感染、小学校の生徒や教職員158人を検査=韓国(提供:news1)

キョンギドキンポ市(京畿道金浦市)に住む区役所の職員が新型コロナに感染し、公務員約1100人が検査を終えた中、この職員の子供も感染したことを受け、金浦市ヤンド小学校2-3年生など158人が検体検査を受ける。

子供が20日に小学校に登校したことが分かり、防疫当局は同校の2-3年生の登校児童97人と教職員23人に対し、検体検査を行う予定だ。

防疫当局は子供が介護チームにも参加したと見て、介護チームにいた38人の子供らに対しても、検体検査を行う。

この職員は、20人余りの集団感染が発生したインチョンプピョン(仁川富平)ガリラ長老教会の信者だった。

防疫当局は職員が教会を訪問した後、感染したものと見ている。

これで京畿道金浦市の新型コロナの感染者は92人に増えた。

関連記事(外部サイト)