韓国厚生相「今週内に首都圏での拡散防げなければ、防疫レベル3段階は“不可避的”」

韓国厚生相「今週内に首都圏での拡散防げなければ、防疫レベル3段階は“不可避的”」

韓国のパク・ヌンフ保健福祉相は「首都圏での新型コロナの感染拡大を今週中に防げなければ、防疫レベル3段階を不可避的に検討しなければならない」と伝えた(提供:news1)

韓国のパク・ヌンフ保健福祉相は今日(24日)「首都圏で起こっている新型コロナウイルスの感染拡大を今週中に防げなければ、防疫レベルを第3段階に引き上げることを不可避的に検討しなければならない」と伝えた。

パク保健福祉相はこの日 国会の予算決算特別委員会総会に出席し、ソウルを中心とした首都圏の感染者増加による危険管理に対しての質問を受け「首都圏は人口が密集していて、区域内から多くの移動のある地域であるため、感染のレベルでみれば高危険地域である。いつも首都圏に対しては、注視しながら防疫対策を推進してきた」と語った。

パク保健福祉相は、新型コロナの感染拡大の原因に対する質疑に「去る12日、特定宗教団体で1人が発生したのち、追跡する過程で3,4回の拡散があった」とし「15日に行われたソウルのクァンファムン(光化門)集会と繋がったことで、それが急速に拡散するきっかけとなったものと把握される」と答えた。

また「すでに特定宗教施設は閉鎖され、教会に通っていた人々のリストを把握し、信徒たちは検査を受けている」とし「リストを確保する過程で様々な妨害があったため、それに対して厳重に法的責任を問うつもりだ」と強調した。

関連記事(外部サイト)