26〜28日に医療界2次集団休診…全羅北道、非常診療対策状況室を再稼働=韓国

26〜28日に医療界2次集団休診…全羅北道、非常診療対策状況室を再稼働=韓国

26〜28日に医療界2次集団休診…全羅北道、非常診療対策状況室を再稼働=韓国(提供:news1)

韓国のチョルラプクド(全羅北道)は大韓医師協会の2次集団休診(26〜28日)予告を受けて、「非常診療対策状況室」を再稼働すると25日、明らかにした。

全羅北道は非常診療対策状況室を運営し、地域内の動向を持続的に把握し、道民の診療の不便さが最小化されるよう、市・郡の保健所と非常診療システムを維持するという方針だ。また道民の不便事項を受け付け、違法休診が疑われる医療機関に対する通報窓口も運営する。

集団休診期間、応急患者のための医療機関19か所は非常診療システムを維持することになる。

さらに全羅北道は、病院級以上の医療機関169か所に対し、平日の診療時間の拡大協力を要請し、公共病院や保健所など412か所は同期間、夜間診療など非常診療システムを稼動するようにした。

関連記事(外部サイト)