韓国基督教長老会、韓国教会にチョン・グァンフン牧師の教界追放を促す

韓国基督教長老会、韓国教会にチョン・グァンフン牧師の教界追放を促す

韓国基督教長老会、韓国教会にチョン・グァンフン牧師の教界追放を促す(提供:news1)

韓国基督教長老会総会は、韓国教会がサラン第一教会のチョン・グァンフン担任牧師を教界から追放すべきだと促した。

26日改新教界によると、総会は今月24日に発表した「新型コロナウイルス感染症再拡散に際して」という声明で、「韓国教会は直ちにチョン・グァンフン牧師との関係断絶を宣言し、彼を教界から追放すべきだ」と明らかにした。

総会は、「チョン・グァンフン現象」を「極右的な政治理念と根本主義的信仰が結合したもの」と批判した。また、「この厳重な時期に国家的防疫体系を根本的に揺るがした」とし、「サラン第一教会から出た感染者だけで800人を超えたにもかかわらず、『感染者捏造だ』などの嘘のニュースを流し、病院を脱出するなどの一般的常識と規範さえも壊した」と問題を提起した。

総会はこのようなチョン・グァンフン牧師を教界から追放し、それに先立ち「チョン・グァンフン現象を胚胎し庇護したり傍観してきたこれまでの韓国教会の間違いを痛烈に懺悔すべきだ」と強調した。

また、「宗教の自由、憲法上の自由を掲げて、対面礼拝を非対面礼拝に転換するようにという防疫当局の要請を拒む牧師と教会がある」とし、「自分の宗教的自由が他人を危険に陥れる自由まで含むのではない」と、新型コロナウイルス拡散の危険を高める一部教会を批判した。

関連記事(外部サイト)