WHO関係者「コロナの再感染、特異事例だとみられる」

WHO関係者「コロナの再感染、特異事例だとみられる」

WHOの関係者は、新型コロナの再感染事例3件は、特異事例だとみられるという意見を伝えた(画像提供:wowkorea.jp)

世界保健機構(WHO)の関係者は今日(26日)、香港などで報告された新型コロナウイルス感染症の再感染事例3件は、特異事例だとみられるという意見を伝えた。

米国のニュース専門放送局であるCNBCによると、WHO西太平洋支部所属のマシュー・グリフィス氏はこの日「現時点で彼らは特異事例とみられている」とし「全世界で約2400万人の感染事例が報告されているが、この3件が初めて再感染と確認された」と語った。

グリフィス氏は「以前にも再感染のようにみえる事例が報告されていた」とし「しかしそれらは研究の結果、“ウイルスの排出”と確認された」と説明した。

関連記事(外部サイト)