空き家のアパートからコロナが検出…「トイレがその原因?」=中国

中国で人の住んでいない部屋から新型コロナウイルス検出 トイレの排水管を通じ拡散か

記事まとめ

  • 中国で長い間、人の住んでいないアパートの部屋から新型コロナウイルスの病原菌が検出
  • トイレの排水管を通じ、新型コロナウイルス感染症が拡散した可能性があるという
  • 中国の科学者は、新型コロナ患者の大便にあるコロナウイルスが伝染に影響があると主張

空き家のアパートからコロナが検出…「トイレがその原因?」=中国

空き家のアパートからコロナが検出…「トイレがその原因?」=中国

中国では、新型コロナがトイレの排水管を通じて伝染した可能性があるとみられている事例が発生した(提供:news1)

中国では、長い間 人の住んでいないアパートの部屋から新型コロナウイルスの病原菌が検出された。そのトイレの排水管を通じて新型コロナウイルス感染症が拡散した可能性があるとみられている。

中国疾病統制センターの研究チームは、去る2月 中国の広東省のあるアパートで5人の感染者が発生した事例を分析した結果、先のようなことが明らかになったと、米国のブルームバーグ通信が26日(現地時間)報道した。

この研究チームによると、感染者が発生したアパートのすぐ上の階には長い間 人が住んでいなかったが、トイレ、シンク、水道の蛇口、シャワーの手を持つ部分などから、新型コロナの原因となる病原菌が検出された。

感染者の排泄物から出た新型コロナの粒子が排水管を通して、他の世帯に流れていった可能性があるという意味である。

世界保健機構(WHO)は、新型コロナは主に飛沫などによって感染拡散するとみているが、中国の科学者たちは発病初期から、新型コロナ患者の大便にあるコロナウイルスが伝染に影響があると主張してきた。

関連記事(外部サイト)