12月31日まで主要イベントを禁止する措置を延長する可能性=ドイツ

12月31日まで主要イベントを禁止する措置を延長する可能性=ドイツ

12月31日まで主要イベントを禁止する措置を延長する可能性=ドイツ(画像提供:WoW! Korea)

ドイツが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策の一環として、年末まで主要イベントの開催禁止を延長する可能性が出てきた。

ロイター通信によると27日(現地時間)、アンゲラ・メルケル・ドイツ首相が、主要政治指導者らとの会合を前に作成した草案に、このような内容を含んでいる。

現在施行中のコンサート、スポーツイベント、各種祭りなどのイベントに対する禁止は、今年10月末に終了される予定だ。

しかし、先月初めから、日々の感染者数が増加している。そして、この数週間で感染者数は著しく増加している。

現在、ドイツ内では、規制に対する意見が分かれている。一部は各州ごとに規制が異なる点を批判しているが、その一方で、規制を各州に任せればよいという意見も出ている。

メルケル首相と政治指導者らは、この日午後に会合を開く。ここでは、レストランなどで50人、家庭で25人とするプライベートミーティングの出席者数を制限する内容が含まれている。

また、マスク着用義務に違反した場合、最少で50ユーロ(約6300円)の罰金を課す内容も含まれている。

関連記事(外部サイト)