WHO「北朝鮮、2767人新型コロナ検査…すべて“陰性”」

WHO「北朝鮮、2767人新型コロナ検査…すべて“陰性”」

WHO 北の2767人全員陰性

WHO「北朝鮮、2767人新型コロナ検査…すべて“陰性”」

WHO「北朝鮮、2767人新型コロナ検査…すべて“陰性”」(画像提供:WoW! Korea)

北朝鮮でこれまで新型コロナウイルス感染症の検査を受けた2700人全員、陰性判定が出たと世界保健機関(WHO)平壌事務所長が伝えた。

28日、VOA(米国の声)放送によると北朝鮮は依然として新型コロナウイルス発病事例が1件もないとWHOに通知していることがわかった。

エドウィン・サルバドールWHO平壌事務所所長はVOAに送ったメールで「北朝鮮の保健省から20日基準で2767人が新型コロナウイルスの検査を受け、全員陰性判定が出たとの通知を受け取ったと伝えた。

また、昨年12月31日から今月20日まで新型コロナウイルスによる累積隔離者3万965人のうち2万9961人が隔離解除されたと伝え、このうち外国人が382人だと明らかにした。 現在隔離者は1004人で、すべて北朝鮮住民だと付け加えた。

サルバドール所長はケソン(開城)で報告された新型コロナウイルスと疑われる事例に関しては「まだ(北朝鮮保健省から)具体的な事項を聞いていない」と説明した。

ただし、開城で該当脱北者と1次、2次接触した住民ら3781人はすべて隔離から解除されたと述べた。

サルバドール所長は、「依然として北朝鮮のすべての国境は、閉ざされている状態だ」と伝え、「新型コロナウイルス関連の物品のみ、新義州と丹東国境を通じて許可されている」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)