「自国政府によるコロナへの対応評価」、韓国は「世界6位」=韓国報道

「自国政府によるコロナへの対応評価」、韓国は「世界6位」=韓国報道

韓国ソウルの保健所にある選別診療所で、市民たちが新型コロナ検査を待っている(提供:news1)

主要先進14か国の国民たちを対象に「自国政府による新型コロナウイルス感染症への対応が適切であるか」という質問に、韓国は6位という結果が出た。また「国民たちが感染症事態への対応において、以前より団結したかと思うか」という質問には4位を記録した。

米国の世論調査機関が去る6月10日から8月3日まで、先進14か国(日本・韓国・米国・カナダ・ベルギー・デンマーク・フランス・ドイツ・イタリア・オランダ・スペイン・スウェーデン・英国・オーストラリア)の成人1万4276人を対象に実施し27日に発表した世論調査により、韓国は先のような結果となった。

「自国政府による新型コロナへの対応」に対する評価で、韓国の回答者たちは肯定評価が86%、否定評価が14%であった。韓国より肯定評価が高かった国は、デンマーク(95%)、オーストラリア(94%)、ドイツ(88%)、カナダ(88%)、オランダ(87%)となった。

米国(否定52%、肯定47%)と英国(否定54%、肯定46%)は、否定評価が肯定評価より高かった。

「新型コロナへの対応により国民が以前より一層団結したか」という質問に、韓国は56%が「そうだ」と回答した。「分裂した」という回答は36%であった。肯定評価ではデンマーク、カナダ、スウェーデンにつづいて韓国は4位となった。

「コロナ事態が日常を変えたか」という質問には、韓国の81%が「そうだ」と回答し、調査対象国の中で最も高かった。

関連記事(外部サイト)