「『安倍首相辞任』は日本の内部事情…論評はしない」=中国外務省

安倍晋三首相が辞任表明、中国外務省「安倍首相の辞任は、日本の内部事情」と論評拒否

記事まとめ

  • 安倍晋三首相が辞任を表明したことに対し、中国外務省は安倍首相辞任の論評を拒否した
  • 中国政府側の立場を問う質問に、「安倍首相の辞任は、日本の内部事情」と回答を拒否
  • 台湾の蔡英文総統は、「彼はいつも肯定的だった」と評価、「健康を願っている」と声明

「『安倍首相辞任』は日本の内部事情…論評はしない」=中国外務省

「『安倍首相辞任』は日本の内部事情…論評はしない」=中国外務省

「『安倍首相辞任』は日本の内部事情…論評はしない」=中国外務省(提供:news1)

「健康悪化説」に苦しんできた安倍晋三首相が、28日に辞任しながら、各国が続々と立場を明らかにする中で、中国外務省は安倍首相辞任の論評を拒否した。

中国外務省の趙立堅報道官は、同日開かれた定例会見において、安倍首相の辞任に対する中国政府側の立場を問う質問に対して、「安倍首相の辞任は、日本の内部事情」として、論評をしないと明らかにした。

また、趙立堅報道官は「中国と日本は隣国として、中国は今後も日中関係の発展のために引き続き努力していく」と付け加えた。

論評を拒否した中国側とは異なり、台湾の蔡英文総統は、安倍首相の辞任報道が出てまもなく声明を通じて立場を明らかにした。

蔡英文総統は「安倍首相は台湾に常に友好的な態度を示してきた」とし「彼はいつも肯定的であり、我々はこれらの安倍首相の支持を常に大切に考えている。彼が健康であることを願っている」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)