韓国「明日から首都圏は防疫レベル“2.5段階”を施行」

韓国「明日から首都圏は防疫レベル“2.5段階”を施行」

韓国首都圏の防疫措置、主要強化方案(画像提供:wowkorea)

韓国政府は、明日(30日)から9月6日までの8日間、首都圏内の全ての飲食店と製菓店に対して夜9時から翌日午前5時までの室内飲食を禁止し、テイクアウト・出前だけを許可することとなった。フランチャイズ型のコーヒー専門店は24時間 室内飲食を禁止し、テイクアウトと出前だけが可能となる。

今日(29日)、韓国中央災難安全対策本部によると、防疫当局は首都圏に対して事実上 防疫レベルの3段階に準ずる“2.5段階”措置を施行する。先日から施行された2段階が今月末までの予定であったのを更に延長しながら、レベルを引き上げたかたちとなった。

今回の措置により、この間の防疫活動で問題視されていた「会食」と「集まり」が大きく減るものと期待されている。

加えて当局は、室内スポーツ施設に対しても“集合”を禁止とした。フィットネスクラブ、ビリヤード場、ゴルフ練習場など規模に関係なく、全ての室内スポーツ施設に該当することとなった。また高齢者の多い首都圏の療養施設・病院への面会も全面禁止となる。

学習塾(10人以上)の場合、31日から集合禁止が適用され、オンライン授業だけが許可される。

韓国政府による今回の首都圏に対する“2.5段階”へのレベル引き上げは、経済的被害を最大限減らしながら防疫レベルを強めることで、更なる“3段階”への構想を練る「時間稼ぎ」のための措置といわれている。

関連記事(外部サイト)